BLOG

タイヤの交換を勧められて思う。それって営業トークじゃないの?

ガソリンスタンドとかカーショップで、「タイヤの交換はいかがですか?」みたいなことを言われると、「それって営業トークのマニュアル通りに、商売目的で言ってるんでしょ?」とついつい勘ぐってしまいます。

クルマの点検といえばエンジンや走行距離ばかりに気が行ってしまい、タイヤの交換を勧められても「問題なさそうだし、別にいいかな」なんて思ってしまうことも。
 
でも、ふっと気になることありませんか? 「タイヤの交換って、そんなに必要?」「ちゃんと点検しないとどうなる?」と。

実は、タイヤの点検と交換、とっても重要なことなんです!

タイヤの状態によっては事故の確率が上がってしまったり走行途中に思わぬアクシデントに見舞われてしまったりして後悔することも。

今一度、タイヤのケアの大切さを思い起こしてみましょう!

 

タイヤの空気は月に一度は点検を!

タイヤは空気が抜けると燃費が悪くなり、ハンドルが回しづらくなったりと、安全性がとても悪くなってしまうもの。

実はタイヤの空気というのは、走行している途中に自然に抜けていくものです。普通にクルマを運転していても抜けていくものなのでこれは仕方がありません。

ところが問題となるのは、タイヤから空気がどれぐらい抜けてしまったかという事は、素人が触ったり見たりしただけではなかなか判断しづらいというところ。

ですから、スタンドなどに立ち寄った際には時々は空気圧を測ってもらうようにしてください。数ヶ月ほどを目安に点検を行うといいでしょう。特に、久しぶりに高速道路を運転しようとするときなどはぜひ。

 
 

タイヤがすり減るとどうなるの?

タイヤの凸凹というのは、地面と噛み合わせる事で摩擦を起こし、滑り止めの役割を果たします。

ということは、タイヤの凸凹が無くなってしまうと滑りやすくなり、スリップする可能性が高くなってしまいます。

路面がツルツルになりやすい雨の日などは、本当に危険です。また、スピードが出ている時のブレーキなどにも影響しますよね。

 

これらはクルマを点検する際に必ず見てもらえるポイントなので、交換を勧められた時には、タイヤの凹凸の減り具合や空気圧の減り方が激しくないかなど、よく状態を確認し、安全のために前向きに検討する姿勢も大切と言えるでしょう。

防げる事故は未然に防いで、快適で安全なドライブを楽しんでくださいね。

 

関連記事

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 248現在の記事:
  • 46577総閲覧数:
  • 108今日の閲覧数:
  • 185昨日の閲覧数:
  • 3462月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る