BLOG

知ってる?スタッドレスタイヤが滑らない理由

路面が凍る季節になると、クルマのタイヤをスタッドレスタイヤに履き替えますよね。

雪がほとんど降らない地域では馴染みがない、という方もいらっしゃるかもしれません。では、スタッドレスタイヤに履き替えたらどうしてクルマが滑らず安全に走行できるのか、その理由を知っていますか?

冬に雪が降ってしまったり路面が凍ってしまったりした時には危ないのでクルマには乗らない、という方でも、スタッドレスタイヤのことを知ればそのメリットが分かるかも知れません。

それに、雪が降る地域などへの遠方への旅行の時にも安心かも。

 

そもそもどうしてノーマルタイヤは滑るのか?

クルマに乗っている人はまず、どうしてノーマルタイヤで滑ってしまうメカニズムを知っていると良いでしょう。

実は凍った路面でノーマルタイヤが滑ってしまう理由は、氷がツルツルしているからではなく、氷が溶けた水が氷の上に膜を作ってしまうため。

水の膜が氷とタイヤの間に入って相互の凹凸をなくしてしまうことになるため、タイヤが滑ってしまうのです。

 

スタッドレスタイヤはどうして滑らないの?

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの違いはまず、溝の深さです。

スタッドレスタイヤの溝の部分は普通のタイヤに比べて深く、凸凹がとっても大きく作られていると言えます。この溝が雪を噛み込んでがっちりと地面を踏みしめる事が出来るのです。

また、タイヤの柔らかさも異なります。実はスタッドレスタイヤは柔らかいゴムでできていて、普通のタイヤよりもとっても柔らかいんです。氷や雪で凸凹のついた路面に合わせて柔らかいゴムが密着するため、接地面が多くなるのです。

さらに、3つ目の特徴として挙げられるのが除水性能。ゴムの構造を工夫する事で除水性能を高めて滑りの原因となっているタイヤと氷との間の水分をそもそもタイヤの溝に入りにくくするという試みです。

 

冬と夏でタイヤを履き替えて、安全・快適なドライブを!

これらの仕組みから、ノーマルタイヤよりもはるかに凍った地面と相性がよく、安全な走行を約束してくれるのがスタッドレスタイヤというわけです。
 
今までノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの違いが解らずに「なんとなく」スタッドレスタイヤにしていたり、あるいは「もうノーマルのままでいいや……」と思っていた人もいるかも知れませんが、これらの二種は全くの別物だったと言っても過言ではないんです。

あまり雪が降らない地域でも、路面の凍結はドライブ中にも突然遭遇したりするもの。ドライブをより安全にするために、寒い季節はぜひともスタッドレスタイヤに履き替えて、クルマを楽しむようにしてくださいね!

 

関連記事

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 547現在の記事:
  • 53190総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 1667月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る