ブログ

知っておきたいダイハツのスマートアシスト

「スマートアシスト」というクルマの機能をご存知でしょうか? これは、ダイハツのクルマに標準装備でついている事故防止システムです。

自動車が障害物を感知して衝突に備える機能の総称として「衝突被害軽減ブレーキ」という性能が世界的に全ての自動車に搭載される流れになっていますが、CMなどで「スマートアシスト搭載!」と紹介されるため、そちらのほうが馴染みがあるかもしれません。

ダイハツの「スマートアシスト」は、運転手が安全に走れるように「アシスト」する機能で、例えば事故になった時に身体への衝撃を和らげるエアバッグやシートベルトなどと同じ位置付けであると言えるでしょう。 

絶対に備わっていて欲しい仕様なのですが、クルマを買いたいとは思っていても機能についてあんまり知らない……という方も。

そこで今回はこのスマートアシストについて導入気分で紹介します。

 
 

【止まる】

前方に障害物がある時に、まずは音で警告を促してくれます。そして更にその障害物に近づいた時にはブレーキをかけて障害物との衝突を回避してくれます。

スマートアシストIIまではクルマ同士の衝突を防ぐ機能でしたが、スマートアシストIIIになってからは対歩行者の認識もするようになり、人身事故の回避率がぐっと上がりました。

 

【飛び出さない】

最近は頻繁に生じるようになったブレーキとアクセルの踏み間違い事故。これを回避するようサポートしてくれるのも「スマートアシスト」の嬉しい機能。

ギアの入れ間違いやブレーキの踏み間違いなどで起こる急加速や急発進に際し、エンジンの出力制御をかけて暴走事故を防いでくれます。

 

【出遅れない】

信号待ちなどで前のクルマが走り出した事に気付かず、後ろのクルマからクラクションを鳴らされてしまった、なんて経験、あなたにもありますか?

スマートアシストには、前方のクルマと自車との車間距離をレーザーで感知して、それまで止まっていた前方のクルマが走り出して離れると警告音でお知らせしてくれるようになりました。

 

【横滑り防止】

スマートアシストIIからの機能ですが、衝突軽減ブレーキの機能とは少し違った、旋回時における姿勢を安定させる「横滑り防止装置」が搭載されるようになりました。

カーブの外側へふくらんだり内側へと巻き込む事を防止する機能です。カーブの運転が怖いと思う人も少なくないので、この機能はとてもうれしい機能でしょう。

 
 
他にもオートハイビームなど自動でヘッドライトを切り替えてくれる機能などもついています。ここでは扱いきれなかった性能なども含め、詳しくはダイハツの専門サイトをご覧ください。

実際、こうしたアシスト機能に魅力を感じてクルマを選ぶという方もいるほどの仕様なのですが、案外知らない人も多く、「知らないなんて勿体ない!」です。

年が明け、これからクルマに乗り始めようと思う人が増えてくる時期。初めてクルマに乗るのなら、ぜひとも走行が安全になるような機能がたくさん搭載されているクルマに乗って欲しいです。

当店でも、クルマに搭載されているいろいろな機能についてのご相談を受け付けております。ぜひともお気軽にお問い合わせください!

 

【参考】
スマアシ総合サイト(ダイハツ)

 

関連記事

ページ上部へ戻る