BLOG

ヘッドライトの黄ばみ、気になりませんか?

長年、クルマに乗っていると、どうしてもヘッドライトが黄ばんでくるのではないでしょうか?

いいクルマに乗っていてもヘッドライトが黄ばみ曇ってしまったら、見栄えが悪くなってしまいます。

 

どうしてヘッドライトが黄ばんでくるの?

ヘッドライトはポリカーボネートという素材で作られています。ガラス素材に比べて何倍もの強度があり、接触時に破片が飛び散りにくいというメリットがある一方で、ガラス素材よりも紫外線に弱く、傷がつきやすいという弱点もあるんです。

ポリカーボネートのヘッドライトの表面には特殊なコーティングが施工されていますが、長年にわたって太陽光が当たったり、洗車の際のダメージが蓄積したりしてコーティングが剥がれてしまうと、ヘッドライトがダイレクトにダメージを受けて黄ばみや曇りを引き起こしてしまうんですね。

ひどくなるとひび割れして隙間から水が入ってしまう可能性も……。

 

ひどくなると車検も通らない……?

ヘッドライトの黄ばみや曇りは、見た目が悪くなるだけでなく点灯時の光量が減って夜間の走行で視野が確保されず安全性が失われてしまうという恐れもあります。

光量が減ると車検も通らなくなってしまいます。磨いても黄ばみ等が取れない場合はヘッドライトを交換しなければならなくなります。

このように、ヘッドライトの黄ばみや曇りはデメリットだらけ。手遅れにならないうちにヘッドライトのメンテナンスをお勧めします。

 

ヘッドライトのメンテナンスが自分でできる!?

整備工場によってはヘッドライト磨きコーティングをやっているところがありますが、いくらぐらい掛かるのか分からなかったり、そもそも工場に持ち込むのが手間だったりします。

でも実は、この作業、自分でできてしまうんですよ!

最近はヘッドライトの黄ばみ取りコーティング商材が市販されています。カー用品の取扱店やネットショップで、1,000〜3,000円程度で簡単に入手できるんです。

黄ばみ取りのみの商材も売られていますが、またすぐに黄ばんでしまいますから、あまりオススメしません。「2液タイプ」のものをオススメします。

黄ばみを取って、付属のコーティング剤でコーティングするという流れは、聞くと大変そうですが、意外とそんなことはないんですよ。そして、物にも寄りますが、半年、1年、あるいはそれ以上コーティングが持続するものもあります。

実は筆者はLEXUS初期GS450hに乗っていますが、やはり汚れないように乗っていてもヘッドライトの黄ばみが生じて見栄えが悪くなってしまうこともあり、どうしようかと悩んでいた時期があります。

そんな時、ネットでヘッドライトの黄ばみ取り(2液タイプ)を見つけたので、試しに購入して自分で施工してみたのですが、驚くほど黄ばみが取れ、無事にコーティングもできて、とてもキレイになりました。

 

整備工場でヘッド磨きコーティングやヘッドライトの交換をお願いするのが早いとはいえ、どうしても高いコストがかかってしまいます。万単位になることも……。

自分でできてしまう方が、間違いなくお財布に優しい。ですから騙されたと思ってあなたも試してみませんか?

 

関連記事

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 217現在の記事:
  • 49492総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 107昨日の閲覧数:
  • 1707月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る