BLOG

夏の洗車は要注意…!?

だんだんと気温が高くなり、夏が本格化するとどんどん暑くなってきます。

クルマを綺麗にしたいと、1年を通して何度か洗車することがあるかと思いますが、暑い夏も汚れが目立つようになったをクルマを洗車してサッパリさせたいですよね…?

ところが、これを知らずに洗車をして、後悔することもあるんです。

 

洗車に適した時間帯がある…?

まず、どの時間帯に洗車をするか、です。

夏、日中は気温が上がりとても暑くなります。洗車するなら、気温がまだ比較的低い朝方、または陽がそれほど照ってない夕方の時間帯がオススメ。

その理由は、夏は気温が高く車体も熱くなるため、水分がすぐに蒸発して乾いてしまい、拭き取る前にシミになってしまうことがあるからなんです。

暑いと乾きやすくて手間が省ける、ということをよく耳にするかもしれませんが、それは実は正しい方法とは言えません。

 

特にシャンプー利用時は注意!

シャンプーを使って洗車している時も同様です。

シャンプーをしている状態で乾いてしまうと、ムラやシミの原因になります。そのようにして出来たムラやシミを落とそうと再び水で流しても洗い落とせないこともあるんですよ!

洗い流す手間を省こうとして全体をシャンプーしてから水で流す、というのは、夏場は避けて欲しいです。

 

洗車における細かい配慮

夏場は、洗車の時間帯を朝方や夕方にすることで、シミやムラができるリスクを抑えられます。それでも、日によっては陽射しが強く、その時間帯でも避けたほうが良いことも。

また、パーツを洗おうとする場合にも、「パーツごとに」水で流して洗うことをお勧めします。

夏の洗車は、少し大げさな表現で言えば「時間との闘い」になります。スピーディーに、拭きムラがないように心掛けると、サッパリしたサマー・カーライフが楽しめますよ!

 

関連記事

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 353現在の記事:
  • 53190総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 1667月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る