BLOG

気を付けて! 自転車事故も高額な賠償請求に発展

自動車だけじゃなく、自転車も。大人だけでなく、子供でも。

私たちの身近にある乗り物の一つである自転車。事故によって発生する高額な賠償は、クルマやバイク並みになり得ます。これはれっきとした交通事故。

ですから、「子供が自転車に乗り始めた」「通勤・通学で自転車を使い始めた」という時に、自動車保険を見直して、自転車事故にも備えるのはとっても知恵のあることです。

自転車にも保険が必要という理解が増すきっかけとなる事故が2013年に生じました。

 

自転車事故で9千万円以上の損害賠償

神戸の小学五年生の児童が自転車で暗い坂道を下っていた際、62歳の女性と衝突し、女性は頭を強く打って脳挫傷の重傷を負いました。一命は取り留めましたが、意識障害、四肢拘縮の後遺障害が残りました。被害者側が裁判を起こすと、神戸地裁は自転車事故の加害者に9千521万円の賠償責任命令を下しました。

2013年に神戸地裁が下したこの損害賠償命令は、自転車にも保険の備えが必要であるという、いわば「トレンド」のようなきっかけとなりました。

乗っていたのが子供だったから、あるいはお年寄りだったから、はたまたクルマの免許は持っていないというのは、一切通用しません。

 

自動車保険で自転車事故もカバーできる!

ところが幸いなことに、自動車保険で個人賠償責任特約を付帯することで自転車事故もカバーできるんです(内容は会社によって様々です)。

これにより、保険が適用されるのが自動車保険の記名被保険者とその親族(配偶者、同居の親族、及び別居の未婚の子)になります。

保険金は数千万円から無制限まで、保険会社によって様々です。高額な賠償に対応するためにも無制限にできる自動車保険を選んでおいても良いでしょう。

ちなみに保険料は500〜2,000円前後のプラスになることが多いです。

火災保険や傷害保険にも付帯できるものもあるようですが、自動車保険の個人賠償責任特約に関しては「示談交渉サービス」というものがついていることもあるようですので、自動車保険にて付帯を検討されることをオススメいたします。

 

関連記事

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 393現在の記事:
  • 53190総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 1667月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る