BLOG

毎日乗れる「丁度いい」を実現したアウディQ2が登場

近年、手頃に収まる小さめのクルマが男女ともに人気になってきていて、軽自動車やコンパクトカーのラインナップも増えてきています。

そんな波に乗って、外国からの輸入車なのに「日本のために作られたのか?」という印象を受けるほど日本にぴったりな「アウディQ2」が登場しました。CMでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
「外車とか輸入車はちょっと…」と最初から選択肢に上がっていないという人も、「知ってたら検討候補に入れてたのに!」と後悔しないためにぜひチェックしてほしいこのクルマ。知らないなんて勿体無い。

注目の高スペックなその3つ魅力に迫ります!

 

アウディQ2ってどんなクルマ?

「AudiのSUV史上最もコンパクトなボディ」と銘打ったQ2、日本で生活する人の「丁度いい!」をそのまま具現化したようなサイズ感がまず第一の特徴。

しかしその室内空間はと言うと、「ひと回り大きなボディを持つAudi Q3にも通じる居住性の良さと広い室内空間」を実現しているのですから、Audiの特徴そのままに「日本の道路」サイズに合わせてくれている、と言ったところでしょうか。

 

すっぽり収まるその車格

アウディQ2の丁度いいポイントは日本の一般的な駐車場に収まる高さと幅に収まっているところ。

「輸入車は大きい」というイメージを覆し、日本の道路仕様の標準的な規格サイズに収まるというのは嬉しいですよね。

外車なのに日本の街で乗っていても何の不自由も感じない「丁度いい」感がそもそも「珍しい」なのです。

 

追求されたデザイン性

やっぱり輸入車と言えば確立されたその特徴的な外観も憧れであり、見応えアリです。

アウディQ2のボディデザインのコンセプトは「ポリゴン」で、まるでカッティングされた宝石のよう。多角的なデザインで丸みは無いのですが、走っている時にボディが光を反射して輝く様子が本当に美しいんです。

それでいて「アウディらしさ」がしっかりと受け継がれ、なかなか巡り合えないデザインが魅力的です。

 

操作性も内装も日本人にぴったり?

もちろん、搭載されたシステムもとても実用的で、内装のインテリアも文句なしにクールです。

小回りもきいて車格のサイズ感もよく、日常仕様でも実用的。広々室内でも日本人の体にもマッチするようなコックピットがドライバーの心をくすぐります。

 

何しろ外観のデザイン性が抜群に魅力的なアウディQ2。これまで「輸入車には少しとっつきにくいかも?」と思ってきた方でも、選択候補から省いてしまうのはあまりにも勿体無いクルマです!

#型破る(audi Q2 特設サイト)

 

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 96現在の記事:
  • 53190総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 1667月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る