BLOG

大人気のフラット7、個別相談でお客様が気にする代表的な3つのこと

月々1万円で注目の「フラット7」は、お客様からたくさんの問い合わせがある人気のカーリース。リースで車に乗るというだけでなく、この「フラット7」というシステムが本当に得なのかどうか、気になる方は少なくありません。

そこで今回は、「フラット7」についての個別相談時、多くのお客様が気にされている代表的な3つの質問についてご説明します!

 

Q. ナビなどのオプションは付けられますか?

晴れて自分のものとなった新車であれば、どんなオプションでも付けられるというのはどなたも理解されていることですが、カーリースの場合でも自分の好きなオプションを付けられるのか、という疑問が生じます。

ナビやオーディオなどは、自分の好きな機種を付けたいと思いますよね。また、好みのタイヤやアルミホイールに履き替えたいという場合もあります。

フラット7でリースされたクルマでも、新車同様にお好きなオプションをお付けできます。契約前でしたら、ナビやオーディオなどを付けて分割払いに組み込むこともできます。タイヤやホイールもカスタマイズできますよ!(もちろん、法令に違反せず車輌の価値を下げないカスタマイズにとどめてください)

 

Q. 借りてるみたいで嫌じゃないですか?

通常のローンの場合、厳密に言うと、ローン完遂まではその車はローン会社のモノであるということになります。カーリースの場合はリース会社のモノということですが、つまり、通常のローンと同じ感覚でクルマに乗ることができます。

しかも、カーリースの場合は自動車税の支払い、車検、定期的なメンテナンスなどにかかる「維持費」が、すべてリース料に含められますので、突然の大きな出費というのが生じなくなります。

そして7年後に更にリースを継続するかお返しするか、残価を支払うことで車を自分の所有とするか、選ぶことができます。

やはり、多くのお客様は、リースの車は「マイカーになるの?」という疑問があるようです。特に特殊な改造をするわけではなく、「普通の乗り方」をするようでしたら、オートローンのマイカーと同様に使えると思っていただいて良いと思いますよ。

 

Q. どんな車種が選べるの?

レンタカーの場合には、好きな車種を借りたり好きなタイミングで使ったりということができませんが、カーリースのフラット7であれば、新車を購入するときと同様に、メーカーが取り扱っているグレード、色、オプションは自由に選ぶことができます。

「リースということは、リース会社が取り扱っている商品しか選べない」ということではなく、フラット7の場合は新車の軽自動車、全メーカー・全車種OKというのが魅力の一つでもあります。

ちなみに、車種やグレードによって月々のリース料金が変動します。

 

フラット7は「新しい購入プラン」のカタチとして、話題を集めています。それゆえに、わからないこともたくさん。

弊社ではお電話による個別相談も受け付けておりますので、お気軽にご予約くださいませ!

 

関連記事

最近の記事

セント流 クルマの選び方

アクセスカウンター

  • 680現在の記事:
  • 100002総閲覧数:
  • 103今日の閲覧数:
  • 104昨日の閲覧数:
  • 1928月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:
ページ上部へ戻る